就活ファール!

すべての就活生に贈る就活情報バラエティ。自己分析や業界研究、面接対策に役立つ情報をお届け!

Member:菊地美希「世の中のルールを壊すことが 私の生きがい」

メンバー紹介 2018/02/01


経歴


新潟県佐渡ヶ島出身。
中学生の時は、とにかく早く家に帰りたくてテニス部の副部長なのに幽霊部員、高校生の時には週1しか行かなくていいという理由で茶道部に。
高校受験を死ぬ程頑張ったあとは、普通の高校生活を送る。

地元の新潟大学に進学し、アルバイト三昧の日々を過ごす。
新卒で「個と組織をポジティブに」というミッションに共感し、人材系企業に入社。

通信業界への人材派遣コーディネーターとして、年間約1,000名の登録スタッフのカウンセリング、入社後の企業とスタッフのフォローに従事。

10〜40代の方々の今まで出会ったことのない様々な人生の裏側に触れつつ、人への寄り添い方、日々起こるトラブルに翻弄されながらも向き合い続ける。

その後、社内新規事業である「障がい者の為の人材紹介」に手をあげ異動。
障がいとは何なのか、どんな配慮が必要なのかを勉強しつつ、企業の障がい者採用の課題と障がい者の方のマッチングを行う。

事業を立ち上げるという生みの苦しさを感じつつも、就職先が決まり目の前で喜ぶ求職者様や、良い採用が出来たと人事の方に感謝されるなど事業が少しずつ大きくなっていく実感から、やりがいを感じる。

人材紹介・派遣の事業を経験する中で、更にチャレンジングな環境で働きたいと思っている時にJAMと出会い転職を決意。
 


メッセージ

大学時代、空いている日が1日でもあれば派遣会社に電話し「仕事ありませんか?」とスケジュールのほとんどをアルバイトで埋める毎日でした。
塾講師、飲食店のホール、携帯販売、訪問販売、イベントMC、コールセンター、アンケート調査など。

アルバイトというアルバイトは片っ端から経験し、大袈裟ですが任務を全うすること、創意工夫をすること、
出来ないことが出来るようになることを実感し、働く楽しさを感じました。

しかし、そこで出会う大人は働くことに対してネガティブな人ばかり。
当然、働くと苦しいこともあることは理解していたものの、生活のため「だけ」に自分の時間と、給与を交換する人たちがいることに違和感がぬぐえず。。。

そんな中、地元新潟から東京に何度か行く用事があった私は、東京でのインターンやボランティア、
NPOの活動で出会う人の中に「目的意識を持って働いている人がいる!」「働くことをこんなにポジティブに捉えている人がいる!」と衝撃を受けたのです。

その経験から、「起きている時間の6〜7割仕事なのであれば、その時間はポジティブにしたい」と思うようになりました。

そして、個と組織をポジティブにする人材系企業に新卒入社し、
その仕組みを1から作り上げられるJAMという環境をセカンドキャリアとして選択。
新卒一括採用、日本独特の仕事習慣、35歳転職限界説など、もっとこうなればいいのに!
と思う考え方や暗黙のルールが沢山あると感じています。

もっと働きやすく、もっと楽しんで働けるようにしていきたい。
それが当たり前になる世の中にしていければ最高!だと思っています。


JAMには、個性豊かなメンバーがいます。新卒採用も実施しておりますので2019年卒の方は是非お越しくださいませ。
採用ページはこちらhttps://goo.gl/FqJQPJ